TOP > 技師会概要ページ
head_img_slim

広島県臨床検査技師会について

倫理綱領

会員は、臨床検査を通じて、県民の医療及び公衆衛生の向上に貢献する。

会員は、この職業の尊厳と責任を自覚し、教養を深め、人格を高めるように心がける。

会員は、常に臨床検査の知識と技術の習得に励み、その進歩と発展に努める。

会員は、互いに尊敬し、医療関係者と協力して医療に尽くす。


 

定款・細則・諸規定

pdf一般社団法人広島県臨床検査技師会 定款

pdf一般社団法人広島県臨床検査技師会 細則・諸規定
    (平成27年6月13日一部改正)

pdf平成27年6月13日一部改正 細則・諸規定の抜粋

沿革

昭和25年12月9日 広島市衛生技術員会設立
昭和26年1月10日 広島県衛生技術員会と改称
昭和27年8月1日 日本衛生検査技術者会、入会、広島県支部設立
昭和29年5月8日 日本衛生検査協会、広島県支部と改称
昭和36年4月1日 日本衛生検査技師会広島県支部と改称
昭和38年5月1日 社団法人日本衛生検査技師会と改組により 広島県衛生検査技師会と改称
昭和52年3月13日 広島県臨床衛生検査技師会と改称
平成3年7月15日 社団法人広島県臨床衛生検査技師会
平成15年10月27日 社団法人広島県臨床検査技師会と改称
平成24年4月1日 一般社団法人広島県臨床検査技師会

ページトップに戻る