県学会(呉)

3月3(土)

組織調査部事業 「13:30~14:30」(くれ絆ホール)
[会員のための情報交換会]~集まれ!広臨技 いろんな情報教えます~
 

1.検体採取等に関する厚生労働省指定講習会の受講の現状と今後の予定
   水野 誠士(広島県臨床検査技師会 会長)
2.平成29年度より始まる研修会について
~認知症領域における対応力向上講習会、初級・職能開発講習会~

   森田 益子(広島県臨床検査技師会 副会長)
3.広臨技会員への印刷物廃止に向けた意識調査アンケートの集計報告
   有谿 俊一(広島県臨床検査技師会 広報部長)


シンポジウム 「15:00~17:10」

テーマ「認知症と向き合おう

1.認知症の最新情報~発症予防から進行防止まで~

医師・浦上 克哉先生(鳥取大学教授)

2.作業療法士の役割とかかわり方

作業療法士・谷川 良博先生(広島都市学園大 准教授)

3.認知症看護認定看護師の役割とかかわり方

看護師・雛田 圭子先生(県立広島病院)

4.認定認知症領域検査技師の役割とかかわり方

検査技師・西野 真佐美技師(医療法人翠清会 翠清会梶川病院)

 

抄録シンポジウム抄録ダウンロード



3月4日(日)

一般演題 「9:20~11:50」(くれ絆ホール)

抄録一般演題抄録ダウンロード

◆一般検査部門〔9:20~9:40〕

座長:佐々木 彩(呉共済病院)

1.呉市学童腎臓検診の現状

中原 幸子(呉市医師会臨床検査センター)

2.尿中肺炎球菌抗原キットの2社における比較検討

田中 美月(広島赤十字原爆病院)

◆臨床血液検査部門〔9:40~10:20〕

座長:又賀 史織(広島市立安佐市民病院)

3.当院にて経験した偽性血小板減少症の一例

濱田 恵理子(松尾内科病院)

4.末梢血に反応性リンパ球が増加した末梢性T細胞リンパ腫の一症例

関 未来(厚生連広島総合病院)

5.グローバル化を感じたマラリア感染症

古霜 麻紀(広島大学病院)

6.線溶亢進型DICを疑い診断に至った大動脈解離の1症例

山口 朋未(呉共済病院)

臨床微生物部門〔10:20~10:50〕

座長:辻 隆弘(庄原赤十字病院)

7.当検査センターでの過去10年間における腸管病原菌の動向について

野田 紗緒里(広島市医師会臨床検査センター)

8.当院におけるClostridium difficile感染症の下痢症状持続期間に影響を与える各種要因の検討

河野 雄一(済生会呉病院)

9.血液培養よりLeptotrichia trevisaniiを分離した AMLの1症例

川下 遥(広島大学病院)

◆臨床生理検査部門〔10:50~11:10〕

座長:山崎 絢子(広島赤十字原爆病院)

10.突発的に心室細動を引き起こしたBrugada症候群の一症例

田中 友梨(呉医療センター)

11.当院で経験した傍腫瘍性神経症候群の1例

佐々木 彰子(中国労災病院)

◆臨床検査総合管理部門・生物化学分析部門〔11:10~11:30〕

座長:岡山 翼(広島赤十字原爆病院)

12.当院における小児採血への取り組み

小林 沙耶香(広島市民病院)

13.血液ガスの色調とデータから診断に繋がった入浴剤誤飲によるスルホヘモグロビン血症の1例

平本 淳也(呉共済病院)

◆病理細胞部門〔11:30~11:50〕

座長:安村 奈緒子(呉医療センター)

14.ヘマトキシリン・エオジン染色におけるエオジンの染色性の検討(続報)

大濵 恵(山陽女子短期大学臨床検査学科)

15.ヘマトキシリンに変わる代用色素,セレスチン青染色の検討(続報)

笠原 愛梨沙(山陽女子短期大学臨床検査学科)

■ランチョンセミナー〔12:20~13:20〕(シティプラザすぎや)

1.シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス(株)(瑞雲A)
   「性差医学・医療」の概要と循環器疾患の性差

講師:シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス(株)学術部学術グループ  横山 知子 先生

2.ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(瑞雲B)
  「骨粗鬆症診断・治療における骨代謝マーカーの見方と25OHビタミンD測定の必要性」

講師:医療法人 沖本クリニック 院長 沖本 信和 先生

 

ページのトップへ戻る